2017年4月 Mike’s Posts

札幌英会話ニュースレター | 英会話上達法 #2

Sapporo English Conversation Newsletter
英語、マジでどのくらい聴こえてる!?

いったいどうしたら英語が話せるようになるの??という前回の記事で、英会話の上達になぜ「リスニング」に集中する事が一番重要なのか、そのことについてお話ししました。
今回はその続きと、英会話のリスニングのあれこれをゆっくりと分析と解析をしていきたいと思います。

英語での会話力が身に付いてきたら、そのステップアップの証拠の一つとして、英語で夢を見るようになってきます。
自分の英会話のレベルを知りたいのなら、実際に寝ている間にどんな言葉が聞こえているのか?自分がどんな文章を話せているのか?と、簡単に自分でチェックしてみると良いでしょう。

それから、普段起きている時の英語でのコミュニケーションでも、夢でのいろいろなカンバセーションを思い出して、会話力をアップすることが出来ます。
自分の夢で会話できる能力は聴覚のメモリーに保存されているので、このような素晴らしい、不思議な能力が、リスニングのスキルから生まれてきます。
リアルな発音が聞こえるようになってきて、本当の音を記憶すると、スピーキング、ライティング、リーディングも必ず改善されます。
夢で英語を話すようになるなんて少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、定期的に英語で話す機会を作り、繰り返すことで、徐々に実現していきます。

しかし、どんなにリーディングのスキルが上がったと思っても、夢では正確なリーディングが出来ません。
もし英語で読書をする夢を見れたとしても、どんなに頑張っても、字をちゃんと読む事は出来ないでしょう。
脳科学的に言っても、寝ている時には文字はブレたり動いたりして、きちんとは読めないのです。
その理由は、メモリーに積み込まれているコミュニケーション能力は、聴覚に比べて、視覚のスキルはあくまでも二次的なものだからです。
自分がどんなにリーディングが出来ているとしても、一番大切なリスニングのスキルがなかったら、話を聞き取れない上に、英語のスピーキングやライティングのスキルも制限されてしまいます。
もし英語の正しい発音がちゃんと聞き取れていなかったら、どんなにリーディングや音読の練習をしても、ただ自分の発音の間違いや、癖を強めてしまうことになるので、自分の「聴く」能力が段々弱まっていくだけです。

少し前に「山Pのkiss英語」と言うテレビの番組を、初めて見ました。
YouTubeでは色々なバリエーションの動画がアップされているらしいんですが、どうやらこの番組の発音ゲーム?では、様々な若い芸能人が、お題の英語のワードを出され、iPhoneのSiriに話しかけてSiriが聞き取れるかどうか、と言うゲームの様です。
もし5回正しい発音が出来ない場合は、ゲームオーバー。
笑ってしまうのは、大体の人は何回トライしても、正しい発音が出来ず、Siriはまったく違う言葉を認識してしまいます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

最近FBなどのSNSでは、なぜ日本人は英会話が出来ないの?どうして日本人は英語が下手なの?と言うブログや記事が目立ちます。
多くの人が日本人の英会話コンプレックスの原因を分析しているそうです。

しかし、原因はそんなに複雑なことでは有りません。
第二言語を一番効果的に覚えるためには、リスニングとスピーキングのスキルを上げてから、その次はリーディングとライティングのスキルを付けていく、という順番で進めるということです。
でも日本の学校では、とにかく入学試験やセンター試験のため、リスニングやスピーキングのスキルがちゃんと出来ていない内に、授業の大半をリーディングに費やしています。
その上、先生が英語で授業の説明をせず、リーディングの文法や単語をほとんど日本語で解説するということです。
こんな時代遅れな方法の中、中学高校の6年間英語を学んでも、リーディングの試験ばかりを受けても、生徒たちのリスニング、スピーキング、ライティングがめちゃめちゃになるのは、当たり前の事ですね。

私は札幌の街でこんなシーンをよく見掛けます。
北海道を訪れている外国人が、困って、通りすがりの日本人に話し掛けると、大体の人はその相手とうまく会話出来ません。
外国人が去った後その日本人は「なに言ってるか分かんない!」とか「聞き取れない!」と言っています。
又、海外に行ったことのある日本の方々から聞いた話だと、海外のお店で簡単な言葉を言おうとしても、話が通じません。
通じない上に、相手が全然違う意味に聞き取って困るんだそうです。言葉や文法が分かっていても、通じなければどうしようもありません。
発音が悪いせいで、日本人が話す言葉が外国人には聞き取れないようです。その原因は日本人のリスニング力不足にあると思います。

英会話の発音はリスニングと直結しています。
もし本当の音を聞き取れていなかったら、自分が発音する時にズレが生じます。
そして話す時にそのズレている発音が癖になってしまうと、本当の発音と自分の発音の違いをはっきり区別できなくなり、リスニング能力が鈍感になってしまいます。

学校でも、英語のリスニングの練習をする前からローマ字の読み方を習ってしまうので、alphabetを読む時にもカタカナの発音しか出来ないのは当然です。
残念ながら、6年以上英語の授業を受けても、英語を正しく発音できない生徒さんが大多数です。

様々なアンケートや試験、研究などの結果では、日本人の英語能力が少しずつ低下しているそうです。
でも、第二言語をすでに習得している人たちは、こんなガッカリするような結果でも驚かないでしょう。
なぜなら、学校ではリスニンングや本物のコミュニケーション能力を伸ばす事より、リーディングやライティングを集中して教えるからです。
昔からの基本的な教育システムがあまりにも変わっておらず、小学5、6年生からの外国語活動が始まってしばらく経っていますが、英語力が上がっているのかは疑問があります。
このままのシステムで小学3年生から英語の授業を始めたとしても、おそらく英語力が上がるどころか、中学校に行って英語が嫌だと言う生徒が増えるばかりではないでしょうか?
なぜかと言うと、生徒のリスニングスキルは教師のリスニングスキルを超える事はありえません。
小学校の先生がどんなに頑張っていても、先生方自身のリスニング力や発音が元から出来ていないので、生徒の「聴く」アビリティが段々制限されてしまうのです。

例えるとしたら、あなたの子供が、ピアノを習いたい!と言ったと想像してみてください。
あなたは早めにピアノのレッスンを受けた方が良いと思い、小さいうちから毎週レッスンに行かせることにします。
しかし、その先生はピアノをあまり上手には弾けません。
その先生はピアノの曲をどんなに聴いても、ピアノでメロディーをまねして弾くことができません。
そんなレッスンを週一で何年続けても、あなたの子供がピアノを上手に弾ける事はおそらく永遠にないでしょう。
こう考えると、文部科学省が英語教師の質を上げなければ、学校での英語教育が英語上達の壁になりかねません。
これはとっても悲しいことですね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

英語が上達しない、もう一つの壁は、カタカナ英語です。
当ブログの以前の記事の「札幌英会話ニュースレター | 英会話レッスン #13」に、英語のリスニングやライティングに及ぼす、カタカナの悪い影響について書きました。
沢山の英語やその他の外国語がカタカナに置き換えられて、そのままの日本語として使われています。
その数は年々増えています。
カタカナになった事で、日本人にはその言葉は耳に入りやすく、覚えやすくなりますが、その代わりにその言葉の本当の発音が分からなくなってしまいます。
カタカナで発音できない w、z、b、f、v、th、l 、 r 、の子音、そうして多くの母音の音節の音が、実際に聴こえなくなり、言えなくなってしまいます。
このままでは、これからも英語が苦手な日本人は、ますます増えて行ってしまうのではないでしょうか。
カタカナ英語が通じるのは、日本国内だけです。

英会話を上達させるためには、基本に戻ってリスニングの練習をするしかありません。
それから、英語を上手に話せる人が周りに居るかどうかが重要になります。
このような当たり前なことは、海外に住んだことある方や留学の経験のある方はよく分かっていると思うのですが、現在の時代遅れの教育システムに頼らざるを追えなくなっている日本では、英語の上達方法が分からず、迷っている方が多いそうなので、これからリスニングスキルを上げるためのアドバイスをシェアしていきたいと思っております。

グッドニュースは、リスニングに集中して、本物の発音でスピーキングの練習をしたら、あなたの今の英語力がどんなレベルであっても、これからどんどん上達する可能性があるということです。
日本人に、こんな質問をするとします。
あなたは英語のリスニングの才能があると思いますか?
おそらく、「まったく才能ありません!」と答える方がほとんどだと思います。

しかし、実際に才能があるかどうかは実践的に会話してみないと分かりません。
事実、私が英会話マンツーマンレッスンで教える生徒さんの中には、最初は才能がないと思っていたのに、レッスンを続けるうち、やっぱり才能があるんだ!と気づいた生徒さんが何人もいました。
リスニングに才能があると分かったら、毎週英語で話す時間をちょっと作るだけで、早いペースで英会話が上達するにおそらく違いありません。
もし、リスニングの才能がなかったとしても、少しの努力と時間は掛かりますが、自分の耳をトレーニングしていくうちに、今よりもっともっと聴こえるようになり、話せるようになるでしょう。
そして耳が良くなったあなたは、いずれ英語の夢を見るようになる事でしょう。

 

札幌英会話ニュースレター

英会話上達法 #3 | 英会話の弱点は、リスニングだぁ!!リスニングを上達させる最重要スキル「リンキング」はどうすれば習得できる?

英会話上達法 #1 | いったいどうしたら英語が話せるようにするの??

札幌英会話ニュースレター

Sapporo English Signs Lost in Translation ~ Grammar Lesson #13

(この記事は、「札幌英会話ニュースレター | 英会話レッスン #13」の英語訳です。)

Smorking Room X 😜  ―>Smoking Room

Smorking area   X       ―>Smoking Area  
No Smorking     X 😱   ―>No Smoking     😇

In the brief space of just a few months, I happened to come across these three English signs in Sapporo and Muroran with exactly the same spelling mistake.

The word used to describe the act of inhaling cigarette fumes is “smoke,” not “smoRk”. Had I come across only one sign with this spelling error, I would have shrugged it off as yet another English blunder on the part of someone who is totally incompetent. I certainly wouldn’t have gone to the trouble of writing this article.

But then the same spelling error appeared on rather new-looking signs at three completely different places… The photos I have posted below were taken at Hotel North City and the Kirin Beer Garden near Nakajima Park in Sapporo, and at Muroran Institute of Technology in Muroran. As you can see from the pictures, in each instance the word “smoking” is rendered as “smoRking.” So what the heck is going on here? Did all three places coincidentally hire the same incompetent English signage company???

It’s not like I have a slacker lifestyle and can afford to waste time regularly hunting for signs with blatant English mistakes on them. These three signs just happened to pop out right in front of me on my daily route to work. If one actually went about taking the trouble to look for them, how many signs with this same spelling mistake would one find in Sapporo or in Hokkaido?

When I showed these photos to one of my American friends living here in Japan, she feigned shock and exclaimed, “Oh my gosh, so then the invasion of the smorks has really begun!”

The somewhat obscure word ‘smoRk’ brings with it a conflation of meanings, but I think it wouldn’t be incorrect to say that it connotes someone who is a complete imbecile or a total dork. If you were to draw a picture of a smork, it would look like a little monster alien with a very low IQ. So when a native English speaker in Hokkaido comes across one of these ineptly translated English signs with the word ‘smoking’ incorrectly spelled on it, he or she is apt to crack a joke about it. For example, “Well, it looks like the smorks have been around lately” … “By the way, have you ever seen a smork?” … “I haven’t personally seen one, but when I was a kid our next door neighbor told me that she’d seen one!” ….

The reason that the signs seem so funny to us goes beyond the fact that it’s ridiculous that someone spending good money to create an English sign wouldn’t make sure that it’s printed correctly by checking the spelling in a dictionary or on the internet, or by asking an English-speaking foreigner in a cafe or bar down any street in Hokkaido. But there’s also the simple truth that in the “oke” syllable that helps to create the word “smoke,” one can hear absolutely no “r” sound. So why on earth would anyone write “smoRk” instead of “smoke”? And just what exactly is a syllable?

According to wikipedia, a syllable is a unit of organization for a sequence of speech sounds. For example, the word “water” is composed of two syllables: wa and ter. A syllable is typically made up of a syllable nucleus (most often a vowel) with optional initial and final margins (typically, consonants).

Well, there you have it.

One way that native English speakers at an early age learn how to form and remember new words, and how to spell them, is by playing with syllables by saying them aloud and then altering the first or last sound of each syllable. For example, “bake, cake, fake, lake, make, rake, sake … blake, flake, slake … brake, crake, drake,” etc.

A lot of words are formed based on the syllable “oke.” For example, joke (冗談、じょうだん), poke (突く、つく), Coke (コカコーラ), and of course smoke (煙、けむり; 煙を吸う、けむりをすう).

If you stick an “r” sound into the middle of “oke,” you get the syllable “ork,” which itself becomes the base for forming a lot of other words like pork (豚肉、ぶたにく), spork (先割れスプーン、さきわれスプーン), and work (仕事、しごと; 作品、さくひん).

The difference between the sounds of the words “smoke” and “smork” lies entirely in the sound of the “r.” However, not only do Japanese people have difficulty pronouncing the “r” sound, but it’s also impossible to voice an “r” sound by using just katakana sounds. And if one is unable to make the “r” sound, one will also be unable to hear the “r” sound when it is spoken, and the very existence of the written letter “r” will start to lose its meaning. This is because the ability to pronounce and the ability to hear sounds are closely linked.

There are just twenty-six letters in the English alphabet. In the Japanese katakana alphabet, there are forty-six characters.

However, in English, there are believed to be over ten thousand (10,000!) possible syllables that can be formed from nucleus vowels. So it would clearly be impossible for katakana sounds to even come close to being able to mimic the multitudinous sounds of English syllables. There are simply way too few katakana sounds!

If one relies on katakana sounds in order to pronounce English words, not only will one be unable to sound them out adequately, but the meaning of their written spellings will remain perpetually unclear.

Let’s take a look at the following examples of English minimal pairs:

A                           B
bloke                      blork
Coke                      cork
doke                      dork
folk                        fork
poke                       pork
smoke                    smoRk 👾
spoke                   spork
stoke                  stork
toke                       torque
woke                      work
yoke, yolk               York

The words in column A are pronounced differently from the words in column B, but in Japanese katakana pronunciation, most of these minimal pairs would sound exactly the same. If you didn’t know how the “r” sounds and how to sound the “r,” you probably wouldn’t be able to remember the spellings of these words.

So how can a Japanese person go about starting to pronounce and to listen to English in a better way?

Actually, it’s not difficult at all for Japanese children to imitate and pronounce the many different kinds of English syllables and sounds. They can even easily mimic the sounds of “r,” “l,” “f,” “v,” and “th”—sounds that are challenging to pronounce for most Japanese native speakers. What happens is that as Japanese children grow and get closer to entering junior high school, they start to be constrained habitually by the pronunciation of katakana sounds, and over time they gradually lose the ability to hear and imitate non-katakana sounds. Once they begin to rely on katakana sounds in the study of English at school, pronunciation skills start to fall drastically, and then along with that drop their listening skills begin to deteriorate. It’s quite difficult for students’ pronunciation skills to rise above those of their teachers, so as long as even the English teachers have difficulty hearing and pronouncing English, there will be insurmountable limitations to the quality of English education in Japanese schools. The best way to start improving your English skills is to stop depending on katakana sounds and to start learning how English alphabet sounds and syllable sounds really work in conversation and to practice really using them in real communication.

As an English teacher, I have substantial experience teaching composition, reading and literature to undergraduate American students at a well-known university in the U.S. I’m particularly skilled as a writing teacher, so feel free to use me if you would like to have private writing lessons. Please contact me if you’re looking for a native English speaker for quality Japanese-to-English translations in Sapporo. In addition to providing individual lessons in business English and everyday English conversation, I can also help get you prepared for English exams such as the TOEIC, TOEFL and Eiken tests.

At Hotel North City, South 9, Chuo Ward in Sapporo

img_8081

At The Kirin Beer Garden, South 10, Chuo Ward in Sapporo

smorkingroom

 

At Muroran Institute of Technology in Hokkaidoimg_8439 img_8442

English posts