英会話&英語レッスンをオンラインでも教室でもコーチング♬ マイク英会話教室札幌のYouTubeはこちら。

Mike’s Posts
札幌。教室やオンラインでマンツーマンでの英語・英会話コーチングをしています。

ブログ

Mike’s Posts

マイク英会話教室札幌のブログ

札幌英会話ニュースレター | 英会話上達法 #2

Sapporo English Conversation Newsletter 英語、マジでどのくらい聴こえてる!? いったいどうしたら英語が話せるようになるの??という前回の記事で、英会話の上達になぜ「リスニング」に集中する事が一番重要なのか、そのことについてお話ししました。 今回はその続きと、英会話のリスニングのあれこれをゆっくりと分析と解析をしていきたいと思います。 英語での会話力が身に付いてきたら、そのステップアップの証拠の一つとして、英語で夢を見るようになってきます。 自分の英会話のレベルを知りたいのなら、実際に寝ている間にどんな言葉が聞こえているのか?自分がどんな文章を話せているのか?と、簡単に自分でチェックしてみると良いでしょう。 それから、普段起きている時の英語でのコミュニケーションでも、夢でのいろいろなカンバセーションを思い出して、会話力をアップすることが出来ます。 自分の夢で会話できる能力は聴覚のメモリーに保存されているので、このような素晴らしい、不思議な能力が、リスニングのスキルから生まれてきます。 リアルな発音が聞こえるようになってきて、本当の音を記憶すると、スピーキング、ライティング、リーディングも必ず改善されます。 夢で英語を話すようになるなんて少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、定期的に英語で話す機会を作り、繰り返すことで、徐々に実現していきます。 しかし、どんなにリーディングのスキルが上がったと思っても、夢では正確なリーディングが出来ません。 もし英語で読書をする夢を見れたとしても、どんなに頑張っても、字をちゃんと読む事は出来ないでしょう。 脳科学的に言っても、寝ている時には文字はブレたり動いたりして、きちんとは読めないのです。 その理由は、メモリーに積み込まれているコミュニケーション能力は、聴覚に比べて、視覚のスキルはあくまでも二次的なものだからです。 自分がどんなにリーディングが出来ているとしても、一番大切なリスニングのスキルがなかったら、話を聞き取れない上に、英語のスピーキングやライティングのスキルも制限されてしまいます。 もし英語の正しい発音がちゃんと聞き取れていなかったら、どんなにリーディングや音読の練習をしても、ただ自分の発音の間違いや、癖を強めてしまうことになるので、自分の「聴く」能力が段々弱まっていくだけです。 少し前に「山Pのkiss英語」と言うテレビの番組を、初めて見ました。…

札幌英会話ニュースレター

札幌英会話ニュースレター #9

Sapporo English Newsletter Read the English version,  Sapporo English Conversation Newsletter #9 ‘Soon Nakajima koen.’ X 😥 この英訳は、『中島公園すぐ』になっています! 英語を読める方は、『中島公園すぐ…なーに??』と考えてしまいます😱 私はいろんな国の地下鉄や電車に乗ったことがありますが、札幌に来るまでこんな英文は見たことがありませんでした・・・🙄 英語はとっても論理的な言語です。まずは英文では主語と動詞をはっきり述べないといけません。場合によって、主語が当たり前な時は省略も可能ですが、…

マイク先生の間違い発見!