英会話&英語レッスンをオンラインでも教室でもコーチング♬ マイク英会話教室札幌のYouTubeはこちら。

Mike’s Posts
札幌。教室やオンラインでマンツーマンでの英語・英会話コーチングをしています。

ブログ

Mike’s Posts

マイク英会話教室札幌のブログ

札幌英会話ニュースレター | 英会話上達法 #4

Sapporo English Conversation Newsletter バイリンガルになりたいならスピーキングよりリスニングが大事?? こんにちは、札幌のみなさん! マイクと申します。今回のブログでは、札幌に住んでいる方のために英会話についての様々な実用的なアドバイスをさせていただきます。 最近外国人がどんどん増えている札幌で、「英語が全く聞き取れなくてヤバイよ。どうやったら、英語が聞き取れるの?」「朝礼が全部英語になっちゃった。どうしよう!!」などなど、困っている方は多いことでしょう。 もしあなたも英語が話せるようになりたいけど、英会話を習うことに躊躇しているのなら、こんな風に考えてみてはいかがでしょうか。「よし、バイリンガルになろう!バイリンガルの生活ってどんな感じかな?」と。まずは形からでも良いでしょう。新しい楽器で音楽を奏でるように、自分の体全体を使って外国語でコミュニケーションを取る練習をする。泳げるようになりたいなら、まずプールに入ります。料理上手になりたいなら、まずキッチンに入り料理を作ります。同じように、もし英語を話せるようになりたいなら、自分自身でバイリンガルの生活に囲まれる環境を作ってみましょう。 リスニングに集中しながらバイリンガルになるために、札幌で英語を教えてくれる友人や知り合いがいないのであれば、実践的な習い方を知る為に経験豊かな英会話教師とのマンツーマンレッスンが有効です。私はあなたの英会話の長所と短所を見極め、より早く上達できるようにお手伝いいたします。 当英会話教室には「上級レベル」の生徒さんが何人も通っています。何年間も英会話スクールでグループレッスンを受けて、スピーキングに集中しながら努力してきた生徒もいます。しかし、その生徒に英会話で習うようなフレーズではない通常の会話でするような質問をすると、その質問が聞き取れなくて、関係のない返答をすることが少なくありません。きっと今まで、リスニングをあまり練習せずにスピーキングの練習を重視してきたからでしょう。しかし優先順位はリスニングが先です。たとえ自分が英語をペラペラ話せると思っていても、相手の話を聞き取れなく、会話の趣旨を理解できないと、英会話のスキルが制限されてしまいます。リスニング力がないと、ある程度のところで壁にぶち当たり、それ以上の上達が難しくなってしまいます。 第二言語習得の専門外の方でも、スピーキングがリスニングと親密に繋がっていることは容易に理解できるでしょう。このようにリスニングの能力が成長していなければ、あなたの英会話のスピーキング能力も制限されてしまいます。したがって、スランプに陥らないためにも、リスニングの能力を伸ばしておくことは大変重要です。 まずはリスニング 前回の『英会話の弱点は、リスニングだぁ!!リスニングを上達させる最重要スキル「リンキング」はどうすれば習得できる?』という記事などでは、英語の本物の音に集中することの重要性についてお話しさせていただきました。自分が思っている英語の発音や読み方などに頼らず、リアルなカンバセーションを耳に入れてみて、分析しないでリスニングにフォーカスしてみましょう。こうすると英語の発音とナチュラルな喋り方を上手く真似出来るようになります。完璧に「英語ネイティブ」のような発音やスピードで話す事が出来なくても、英語を聞き取る力は確実に上達します。さらに、標準的な英語の発音だけでなく、色々な国で話されている英語の発音も聞き取れるようになっていきます。 リスニングの良い点は、自宅でも通勤中など外にいる間でも、自分のレベルに合わせた動画やオーディオを利用してリスニングできます。 例えば、DVDでハリウッド映画を見る時、字幕なしで耳を使って映画を見てみましょう。日本語のテレビやラジオ番組以外に、英語のみの YouTube 動画やインターネットラジオ、iTunes Store のポッドキャストなどを聞きましょう。中級レベル以上の方には、「バイリンガルニュース」という…

札幌英会話ニュースレター

札幌英会話ニュースレター | 英会話上達法 #2

Sapporo English Conversation Newsletter 英語、マジでどのくらい聴こえてる!? いったいどうしたら英語が話せるようになるの??という前回の記事で、英会話の上達になぜ「リスニング」に集中する事が一番重要なのか、そのことについてお話ししました。 今回はその続きと、英会話のリスニングのあれこれをゆっくりと分析と解析をしていきたいと思います。 英語での会話力が身に付いてきたら、そのステップアップの証拠の一つとして、英語で夢を見るようになってきます。 自分の英会話のレベルを知りたいのなら、実際に寝ている間にどんな言葉が聞こえているのか?自分がどんな文章を話せているのか?と、簡単に自分でチェックしてみると良いでしょう。 それから、普段起きている時の英語でのコミュニケーションでも、夢でのいろいろなカンバセーションを思い出して、会話力をアップすることが出来ます。 自分の夢で会話できる能力は聴覚のメモリーに保存されているので、このような素晴らしい、不思議な能力が、リスニングのスキルから生まれてきます。 リアルな発音が聞こえるようになってきて、本当の音を記憶すると、スピーキング、ライティング、リーディングも必ず改善されます。 夢で英語を話すようになるなんて少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、定期的に英語で話す機会を作り、繰り返すことで、徐々に実現していきます。 しかし、どんなにリーディングのスキルが上がったと思っても、夢では正確なリーディングが出来ません。 もし英語で読書をする夢を見れたとしても、どんなに頑張っても、字をちゃんと読む事は出来ないでしょう。 脳科学的に言っても、寝ている時には文字はブレたり動いたりして、きちんとは読めないのです。 その理由は、メモリーに積み込まれているコミュニケーション能力は、聴覚に比べて、視覚のスキルはあくまでも二次的なものだからです。 自分がどんなにリーディングが出来ているとしても、一番大切なリスニングのスキルがなかったら、話を聞き取れない上に、英語のスピーキングやライティングのスキルも制限されてしまいます。 もし英語の正しい発音がちゃんと聞き取れていなかったら、どんなにリーディングや音読の練習をしても、ただ自分の発音の間違いや、癖を強めてしまうことになるので、自分の「聴く」能力が段々弱まっていくだけです。 少し前に「山Pのkiss英語」と言うテレビの番組を、初めて見ました。…

札幌英会話ニュースレター